役立つ情報

不登校の内申点って0点?!

更新日:

高校受験。中学校で不登校のお子様と親御様にとって頭の痛い問題でしょう。

テスト設けていない成績もつけられない状況で受験ができるのでしょうか?

今回はテスト以外の成績である内申点について考えてみます。

 内申点とは

そもそも、高校入試の時によく聞く「内申点」って何なのでしょうか?

まず、皆さんが受験しようとしている志望校の募集要項や、

都道府県の教育委員会のホームページに掲載されている

高校入試の募集要項を確認してみてください。

その中には、入試の日程や科目だけではなく、

どのように合格者の選抜を行うかということも記載しています。

その要項の中に「調査書」という項目がありませんか?

その調査書の中の「評定」と言われるものが、いわゆる「内申点」というものです。

教科の成績を1~5などの数字で表し、その合計したものですね。

ただし、都道府県によって、この内申点の算出方法は違いますので、

ぜひ一度、志望校の入試要項を確認してください。

「ん?ちょっと待って。成績を数字で表わすって…。」

と思った人もいるかもしれませんね。

そうです。学校の「通知表」をイメージしてもらえれば大丈夫です。

気になる人は通知表を確認してくださいね。

大体の内申点を予想することが出来ます。

内申点や成績の基本

では、どうやって、内申点や成績は決められていくのでしょうか?

ポイントとしては以下のポイントがあげられます。

 学校の定期テスト

成績の大部分を占めるのがこの部分でしょう

中間テストや期末テストの点数で評価されるのがこの部分です。

要は、高得点を取ればこの部分の評価は高得点を残すことが出来ますね。

また、最近のテストでは、保護者の方のころとは違い、

「関心・意欲・態度」「思考・判断・表現」「技能」「知識・理解」

をはかる、観点別の出題が行われています。

 提出物

普段の課題はもちろんですが、定期テストのときに課される

提出物の状況も成績を付ける際の重要な判断基準になります。

提出物を提出日までに提出できているかどうか、

提出物を丁寧に仕上げているかどうかなどが見られています。

生徒の中には、模範解答を写して提出する人もいますが、

これは先生に見破られていますので、気をつけましょう

また、授業ノートを丁寧にとれているかどうかも、ここでの判断材料となります。

 授業態度

授業に参加しているかどうかはもちろんですが、

どれだけ授業に真面目に取り組めているか、

積極的に参加しているかが評価されている項目です

授業に真面目に取り組むというのは、皆さんも予想しやすいと思います。

では、積極的に参加するとはどのようなことでしょうか。

つまり、発表を頑張ってしているかどうか。

ここが授業に積極的に取り組んでいると評価する対象となる部分です。

不登校の場合、内申点が厳しい結果になってしまうのは避けられない現実問題です。

不登校で高校進学できるか?

「不登校だと内申点がない。そうなると、高校に行けない…。自分の人生、終わった」

と思う不登校のお子様は少なくありません。

でも諦める必要はありません。

内申点に関しては、まずは、学校の先生にどのくらいの内申点が実際にあるのかを確認してみましょう。

出席日数の改善

出席日数は保健室登校で少し改善できたり、学校によってはフリースクールなどへの出席も、出席日数として認めてくれる学校もあります。

 担任の先生とのコミュニケーション

内申点をつけるのは担任の先生ですので、不登校であったとしても担任の先生と円滑なコミュニケーションをとることも大切です。

内申点には直接影響はありませんが、所見部分で考慮されることがあるのが、

家でこれだけ勉強している、漢字検定や英検など検定を受けた、など、家での頑張りです。

頻繁に担任に報告相談するのも良いでしょう。

公立高校受験の内申点

志望校が公立高校であるなら、多くの人は全日制の公立高校を志望校として掲げるでしょう。

しかし、全日制公立高校のみがすべてではありません。

ただ、公立高校入試において、内申点が大きな割合を占める都道府県は少なくありません。

多くの都道府県では、

「当日の学科試験:内申点=1:1」

となりますが、都道府県によっては合格者の一部を

「当日の学科試験:内申点=7:3」

といったように、当日の学科試験の結果を重視する場合がありますので。

そのため、受験要項を確認して志望校が内申点の扱いをどのようにしているのかを、まず確認しましょう。

また、是が非でも公立というのであれば、

通信制や定時制の高校もありますし、不登校の生徒を積極的に受け入れている公立高校もあります。

私立高校受験の内申点

公立高校に比べると、調査書や内申点を

参考程度にしか扱わない学校が少ないのが私立高校です。

私立学校の場合は、学力試験の結果が合否決定の大きな割合となります。

しかし、内申点がない、もしくは、低いという現実は不安だと思います。

その場合は、担任の先生に相談してみましょう。

希望の高校のオープンスクールや入試相談会などで、

具体的に聞いてみるのもひとつの方法です。

なかなか聞きにくいことかもしれませんが、

不登校を伏せて受験はできませんので、

お子様の能力と勉強への意思とをしっかり持って望んでください。

もし、高校で人間関係をリセットしてやってみたいと思うのなら、

遠方になるかもしれませんが、寮のある学校を受験する

というのもひとつの方法としてあります。

最後に

受験はお子様にとって初めてする人生の大きな決定事かもしれません。

本当に不安で心配ですよね。

不登校であるのならなお更、お子様は不安いっぱいで自信をもつことに心細さを感じていることでしょう。

将来なにがしたいか、なんて目標を中学生で見つけることはとても難しいことです

親御様も考えていらっしゃる事と思いますが、

勉強することは、知識と学習する能力が培われ、この先にやりたい事ができた時に必ず役に立ちます。

不登校の内申点が厳しいことを踏まえた上で

将来のことをお子様と時間をかけて一緒に考えてください

スポンサーリンク



人気記事

1

風水とは何か、お子様や家庭にとってどのくらい良いものなのか について、誰でもできる簡単な実践方法を、元塾講師、現役占い師、そして一児の母である私から、 簡単且つ有益な方法で始められる「楽しい風水」をご ...

2

ここからはもう私達親がなんとかするしかありません。 アイコが「助けて」と言っているのですから。 まさかこの状況で「頑張って学校行きなさい」とは言えませんでした。 アイコは充分頑張ったと思います。 私達 ...

3

子どもと将来の話をしてみると、「トリマー」だとか「美容師」になりたいと言っているけど、どうすればいいのだろう。 大学進学率が昔に比べ上がった今、大学に進学しなくてもいいのか? と思われるお母さまもいる ...

4

様々な理由から中学校に行けなくなってしまったお子さんに 悩みを抱える親御さんもいるかと思います。 中学生はまだ義務教育の期間で、 卒業は余程のことが無い限り誰でもできます。   ですが、その ...

5

さて、皆さん。小学校、中学校は義務教育ですよね。 では高校はどうでしょうか?高校は義務教育ではありません。 だから、どこの高校でも入学に際して、受験が必要になってきますよね。 そこで、話題に上がってき ...

6

行った方が良いです。 もう一度言います。 行った方が良いですよ!!  もちろんどういった経緯で貴方が不登校になってしまったのかにもよります。 もう人に会いたくないと思って学校に行けなくなったという理由 ...

-役立つ情報
-, , , , , , ,

Copyright© 正しい不登校 , 2019 All Rights Reserved.