管理者は元不登校児の娘を持つ母親です

はじめまして、元不登校児の娘の母 NORI です。

自分の子が不登校になるなんて、まさか、まさか、のパニックでした。

それまでは、少し知ったかぶりして

 

「不登校になっても勉強して大学に合格したり、起業したりしている人だっているんだから、学校が全てじゃないよ!」

なんて偉そうな事言っていました。。。

 

いざ、自分の子どもが

 

「学校行きたくない・・・学校辞める・・」

 

って言ったときは、頭の中がパニックで

 

「えっ??!今、何て返事すればいい???!!」

 

でした。

他人事は客観的に見れても、自分の子となると何が正しいのか、

どんな対応すればいいのか、本当にわからなくなってしまたのです

 

不登校と戦ったのは6ヶ月間

私と夫は試行錯誤しながら

なんとか娘に元気になって欲しい一心で頑張ってきました。

 

7ヶ月目に入り別の学校に転校。

今や、無駄なくらい元気に楽しそうに通学しています。

自分の居場所を見つけたみたいです、

居心地が悪いところから逃げたあの不登校は

この子にとって必要な時期だったんだ

と思っています。

 

私達親子はその間いろんなことを学んできました。

そして親子の信頼関係も強くなったと思います。

 

ひとことで不登校と言っても、皆それぞれ異なります。

 

新聞や雑誌にとりあげられない、

言ってしまえば「地味な不登校」の状況をお伝えすることで

すこしでもお役に立てればと思っています。

1.小学生の娘の不登校はこうして始まった

娘の名前はアイコ、「みんなが友だちになれる☆」っと思っている 人が好きな女の子です。 4月は元気に学校に行く 1学期の始め 今日は友だちできるかなァ?って、毎日わくわくしながら学校に行っていたんです ...

続きを見る

 

更新日:

Copyright© 正しい不登校 , 2019 All Rights Reserved.