娘の不登校

1.小学生の娘の不登校はこうして始まった

娘の名前はアイコ、「みんなが友だちになれる☆」っと思っている

人が好きな女の子です。

4月は元気に学校に行く

1学期の始め

今日は友だちできるかなァ?って、毎日わくわくしながら学校に行っていたんです

「今日は2人友だちできた!」

「今日は1人友だちできたよ!」

本当に楽しそうに話してくれていました。

彼女の「友達ができた!」の定義はどうやら一度でもお話をすると

「友達ができた!」になるようです。

見習いたいくらいでした。

でも学校には様々な家庭環境のお子さんがいますよね、

そんな脳天気な娘を良く思わない子もいるんです。

 

5月に入って変化があらわれた

5月ころから、

「クラスメイトの○○君にうざいって言われた」

「○○ちゃんに、遊ぼって言ったらどこかにいっちゃった・・」

と愚痴を言うことが増えてきました。

彼女の中では勿論「友達」ですので「うざい」と言ってきた男の子も「ちょっと嫌な友達」なのです。

保育園の頃に同じような状況になっても 喧嘩してお互い言いたいことを言い合って

それでおしまいでした。でも娘の通う小学校ではどうやら違うようでした。

親としては、

そんな事もあるよ、男の子は口が悪い子もいるし。

○○ちゃんにはまた明日誘ってみたら?

とか、

皆が、アイコの事を大事に思っているわけではないって事を

それとなく伝えたりして、気持ちをなだめていました。

 

そうして5月が終わり6月に入ります。

2.えんぴつが折れていた6月

6月に入ってから アイコは朝家を出る時間が少しずつ遅くなってきました。 私は「早く行かないと門が閉まっちゃうよ!」 「もう8時10分よ早く行かないと!」 朝から、やいやい言っては家から出していましたが ...

続きを見る

進研ゼミ小学講座のプログラミングページはこちら

 

※一定条件を満たせば出席扱いも可能
↓↓↓↓↓↓
不登校でお悩みの方へすららで自分に合った自宅学習

 

 

 

スポンサーリンク


人気記事

1

風水とは何か、お子様や家庭にとってどのくらい良いものなのか について、誰でもできる簡単な実践方法を、元塾講師、現役占い師、そして一児の母である私から、 簡単且つ有益な方法で始められる「楽しい風水」をご ...

2

日本の不登校の子どもの数は年々増えていると言われていますが、当事者である子どもや親の大きな悩みの一つが勉強面についてだと思います。 今は学校に通えていなくても勉強で置いていかれたくない、あるいは中学校 ...

3

ここからはもう私達親がなんとかするしかありません。 アイコが「助けて」と言っているのですから。 まさかこの状況で「頑張って学校行きなさい」とは言えませんでした。 アイコは充分頑張ったと思います。 私達 ...

4

子どもと将来の話をしてみると、「トリマー」だとか「美容師」になりたいと言っているけど、どうすればいいのだろう。 大学進学率が昔に比べ上がった今、大学に進学しなくてもこの子の将来大丈夫なの? と不安にな ...

5

様々な理由から中学校に行けなくなってしまったお子さんに 悩みを抱える親御さんもいるかと思います。 中学生はまだ義務教育の期間で、 卒業は余程のことが無い限り誰でもできます。   ですが、その ...

-娘の不登校
-, , , ,

Copyright© 正しい不登校 , 2020 All Rights Reserved.