役立つ情報

不登校 フリースクールって何?

学校に行けなくなった理由に、今行っている学校が嫌になった、ということもあるかと思われます。

同じ教室の人たちと一緒に過ごせないと感じてしまったら、学校に行くのは辛くなってしまいますよね。

 

でも、誰かとは繋がりを持っていたい、同じ不登校中の人と話してみたいと考える方もいます。

その場合におススメしたいのが「フリースクール」です。

年齢、学年関係なく学校に行けなくなってしまった人が集まる場所です。

 

フリースクールって何?

そもそも「フリースクール」とは何か皆さん知っていますか?

フリースクールは「不登校の子たちの居場所」という立場をとっています。

ここは個人やNPO法人によって運営されているので、正式な「学校」ではありません。

よって、中学や高校に在学しながらフリースクールに通うこともできるのです。

 

フリースクールの主な特徴として、

 

・入学のための試験が無い

・勉強のみならず、様々なことができる

・所属している年齢層が広い

 

などが挙げられます。

 

スクールといっても決まった時間割があるわけではないので、学習方法は自分のペースで行うことができます。

また、行事などにも力を入れているところが多く、みんなで楽しめる様な仕組みを作っている場所も多いです。

 

フリースクールが念頭に置いていることは、不登校の人たちが社会と接点を持たせる施設として成立することです。

自由と個人に焦点を当てているので、自分の好きに過ごすことができます。

 

フリースクールと学校

フリースクールがどういう場所なのかは分かっていただけたでしょうか?

民間のため学校とは言えませんが、きちんと勉強も見てくれますので学力が心配な方には嬉しいことですね。

 

ですが、スクールに行ったとしても学校に行ったことになりません。

文部科学省の指定したものではないため、出席日数の取り扱いがどうなるのか不安な方もいるでしょう。

 

実はフリースクールに通う方の出席認定を認める学校もあるのです。

この場合、在籍している学校の校長先生が出席を身と練るか否かの判断を下します。

文部科学省でもフリースクールでの努力を評価し、出席日数として加算する姿勢を示しています。

フリースクールの選び方とその費用の実態

 

最近あまり更新されていないようですがNPO法人フリースクール全国ネットワークというサイトもあります

フリースクールの後は?

ここではスクールに通い、在籍している学校での出席日数を取れたとしましょう。

小学校、中学校ならば卒業の資格が認められます。

 

ですが、高校の場合ですと義務教育から外れてしまうため小中学校のようにはいかなくなります。

私の場合は高校卒業程度認定試験を受けて合格しましたが、これは決して高校を卒業したというわけではありません。

つまり、学歴上では中卒のまま、高校を卒業できる程度の学力は有しているという証明なのです。

高卒にはなりませんが、もし大学受験を考えている場合はこの資格が必須になります。

 

高認ではなく、高校を卒業したいという方もいるかと思います。

その場合には、フリースクールと定時制などを併用して必須単位を取り、高校卒業の資格を取っている方もいます。

 

選択肢はたくさんある

私の話になりますが、私はフリースクールではなく高校を完璧にやめてしまった後に個人塾に通い高認試験を受けました。

中卒のままですので、バイトの履歴書を書く時にはちょっと戸惑ったり気まずい思いをしたこともあります。

ですが、進学することを前提に考えていましたので問題はありませんでした。

 

選択肢はたくさんあります。

私のように手っ取り早く高認に合格することも、一つの選択です。

対してスクールと定時制に通うのも手ですし、中学校は行かずにスクールに通うことで出席を認めてもらい、高校に進学するというのも手なのです。

もしかしたら、そのまま就職をする方もいるかもしれません。

 

皆さんにはたくさんの選択肢があります。

その中でフリースクールは勉学と社会へのつながりを保つ手助けをしてくれる場所です。

もしこの瞬間に悩んでいる方がいらっしゃるならば、一度調べてみるのはどうでしょうか?

自分の将来を見つめて、良く考えてみてくださいね。

 

※一定条件を満たせば出席扱いも可能
↓↓↓↓↓↓
不登校でお悩みの方へすららで自分に合った自宅学習

 

 

 

スポンサーリンク


人気記事

1

風水とは何か、お子様や家庭にとってどのくらい良いものなのか について、誰でもできる簡単な実践方法を、元塾講師、現役占い師、そして一児の母である私から、 簡単且つ有益な方法で始められる「楽しい風水」をご ...

2

日本の不登校の子どもの数は年々増えていると言われていますが、当事者である子どもや親の大きな悩みの一つが勉強面についてだと思います。 今は学校に通えていなくても勉強で置いていかれたくない、あるいは中学校 ...

3

ここからはもう私達親がなんとかするしかありません。 アイコが「助けて」と言っているのですから。 まさかこの状況で「頑張って学校行きなさい」とは言えませんでした。 アイコは充分頑張ったと思います。 私達 ...

4

子どもと将来の話をしてみると、「トリマー」だとか「美容師」になりたいと言っているけど、どうすればいいのだろう。 大学進学率が昔に比べ上がった今、大学に進学しなくてもこの子の将来大丈夫なの? と不安にな ...

5

様々な理由から中学校に行けなくなってしまったお子さんに 悩みを抱える親御さんもいるかと思います。 中学生はまだ義務教育の期間で、 卒業は余程のことが無い限り誰でもできます。   ですが、その ...

-役立つ情報
-, , , , , , , , ,

Copyright© 正しい不登校 , 2020 All Rights Reserved.