" />

役立つ情報 雑記

不登校になってしまった子供の居場所はどこに?

更新日:

学校に1人くらいは不登校の子供がいる。それを多いと見るか少ないと見るかは人それそれですが、それくらいには不登校の子供はいます。私も不登校の子供を何人か見てきました。理由はそれぞれでした。それくらい学校に行かれない理由というものもあるということです。
そんな彼らは普段どこにいるのでしょうか。そこは彼らの求めていた場所なのでしょうか。
これはとてもむずかしい問題です。子供の数だけ正解があると私は考えています。
不登校の子どもたちの居場所についてちょっと考えたいと思います。

不登校の理由

実はお子さんに不登校の理由を正確に把握している親御さんはそんなに多くないと思います。というのも、お子さんがはっきりと口にしてくれないパターンが多々あるからです。それは、親への申し訳無さや親への信頼等様々ありますが、受け入れてもらえなかったらどうしようという恐怖が根底にあります。うちの妹も不登校経験があるのですが、理由がわかったのはかなり後になって、それも姉である私にひっそりと打ち明けてくれました。我が家は父が教職についていたので、妹もなかなか親には理由を言えなかったようです。
不登校の理由として絶対にあるのはイジメ等人間関係でしょう。被害者が泣き寝入りするのは苦しいですが、加害者と一緒にいさせるわけにはいきません。また教室の空気に馴染めずに行かれなくなることもあります。担任の先生のやり方が合わずに行かれなくなることもあります。学習面でついていかれずに苦痛になってしまうこともあるでしょう。発達障害等の理由で学校でうまくいかずに不登校のケースも増えています。
理由は大雑把に分類すればある程度のカテゴライズは出来そうですが、それでも全てのお子さんが同じ理由ではありません。ですので、親御さんが不登校の理由を勝手に決めつけるのは良くありません。もちろんあからさまな原因の場合は別ですよ。

不登校の子供のいる家

スポンサードリンク

最初は家に閉じこもってしまうと思います。子供にとって外に出ることは学校に行くことに繋がります。また、外に不用意に出てしまえばクラスの子や近所の人に会ってしまい心無い言葉を浴びせられるかもしれないと恐怖に思ってしまうことも考えられます。学校に行けていない負い目から外に出ることを拒むこともあると思います。そうなると親御さんはどうしていいものやら、となると思います。無理にでも外に連れ出した方がいいのか、見守ったほうがいいのか。けれど、この時に親御さんは慌ててしまってはいけません。こういうときこそ冷静にならなくてはいけません。まずはお子さんが学校に行かれず家の中にいることを認めて受け入れてあげましょう。家がお子さんにとって安全な場所であることを認識してもらうのです。安全地帯が出来て初めて人は外に出られるようになります。ここがとても親御さんにとっても忍耐の部分だと思います。不登校になったお子さんは特にデリケートな状態です。不穏な空気は見抜きます。ですので、どうか親御さんは普段どおりに過ごして、お子さんに安心感を与えてあげてください。
それから、少し外に出られそうになってから次のことを考えましょう。焦ると余計にお子さんは殻に閉じこもって部屋から出てきてくれなくなってしまいます。

居場所はどこに?

よく聞くのはフリースクールやフリースペースですよね。不登校になったお子さんの通う学校のようで学校じゃない場所です。その他各自治体やNPOの開いている教室もあります。子供同士の交流の盛んなところもあれば復学を目的にしているところ、個別に対応してくれるところなどなど、種類は様々です。特に都市部は選択肢も多いのではないでしょうか。
「学校には行きたくないが勉強したい」「クラスの子がいないところで友達を作りたい」「同世代の子とは関わりたくない」等々お子さんの希望は様々でしょう。フリースクールは不登校の子の居場所になる場所ですが、全てのお子さんにとってそこが居場所になるわけではありません。親が先走ってフリースクールに入れるのは得策ではありません。その他の場所もよく吟味して、本当にお子さんの居場所になる場所なのかを見極める必要があります。
度々身内の話で恐縮ですが、妹は高校中退後はフリースクール等には一切通いませんでした。高校卒業認定に必要な単位がそんなに多くなかったこともあり、自分でどうにかしていました。妹はほぼ部屋にこもりっきりでした。ただ、妹には自分のPCがあり、ネットを通じて顔の知らない誰かと繋がっていることが出来ました。それが妹には合っていたようで、その後は単位を取得し、1年自分で学費を貯めるとバイトをして専門学校に行き、今は普通に働いています。妹の居場所は自分の部屋とPCの中でした。これはもちろん妹が高校生という年齢的に上だったからこそ出来た手段であり、小学生や中学生には通用しない話だとは思います。けれども、お子さんの居場所は遠くにあるわけではないかもしれないということです。

不登校になってしまった子供の居場所はどこに?まとめ

不登校にお子さんがなったときに、どうにかして子供の居場所を作ってあげたい、見つけてあげたいと躍起になってしまうこともあるかと思います。けれど、どうか一度深呼吸をして止まってください。それは、親御さんが居場所を見つけて安心したいからではありませんか?一番はお子さんの気持ちです。すぐには見つからなくてもきっとお子さんにとっていい場所はあるはずです。焦らずお子さんの気持ちに寄り添って一緒に安心できる場所を見つけてあげてください。

スポンサーリンク



人気記事

1

風水とは何か、お子様や家庭にとってどのくらい良いものなのか について、誰でもできる簡単な実践方法を、元塾講師、現役占い師、そして一児の母である私から、 簡単且つ有益な方法で始められる「楽しい風水」をご ...

2

ここからはもう私達親がなんとかするしかありません。 アイコが「助けて」と言っているのですから。 まさかこの状況で「頑張って学校行きなさい」とは言えませんでした。 アイコは充分頑張ったと思います。 私達 ...

3

子どもと将来の話をしてみると、「トリマー」だとか「美容師」になりたいと言っているけど、どうすればいいのだろう。 大学進学率が昔に比べ上がった今、大学に進学しなくてもいいのか? と思われるお母さまもいる ...

4

様々な理由から中学校に行けなくなってしまったお子さんに 悩みを抱える親御さんもいるかと思います。 中学生はまだ義務教育の期間で、 卒業は余程のことが無い限り誰でもできます。   ですが、その ...

5

さて、皆さん。小学校、中学校は義務教育ですよね。 では高校はどうでしょうか?高校は義務教育ではありません。 だから、どこの高校でも入学に際して、受験が必要になってきますよね。 そこで、話題に上がってき ...

6

行った方が良いです。 もう一度言います。 行った方が良いですよ!!  もちろんどういった経緯で貴方が不登校になってしまったのかにもよります。 もう人に会いたくないと思って学校に行けなくなったという理由 ...

-役立つ情報, 雑記
-

Copyright© 正しい不登校 , 2019 All Rights Reserved.